ブログ

【ロクシタンDIVINE CREME】水分不足の秋冬を確実に乗りきるエイジングケア用キーアイテム!!

あにょあにょー、ばんちゃんです。

 

今や乾燥肌デビューが続出している異常気象が原因により、

 

ヒトの体内環境も敏感に!!

 

保湿対策は十人十色で、更なる機能性を問われています。

 

あなたの肌はゆらぎにゆらいでいませんか??

 

まだ対策準備である方も準備万全である方も、

 

我々研究者が厳選するオススメな保湿ケアをご紹介致します!

 

ただ、今回は高級ラインなので覚悟しておいて下さいw

 

ただ、スペシャルケアとしてお使いいただけるだけでも乾燥を防いでエコです!!

 

【商品名:ロクシタンイモーテルブライト ディヴァインクリーム】

(50mL/¥12000)

 

コスパ♛︎

使用感♛︎♛︎♛︎♛︎♛︎

潤い感♛︎♛︎♛︎♛︎♛︎

 

img_0345.jpeg

 

 

 

【主な配合成分】

 

配合目的 主な表示名称
乳化成分

セテアリルアルコール、ステアリン酸PEG-100、 セタノール、

セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、

パルミチン酸スクロース、リノール酸グリセリル、

ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン

油系保湿成分

安息香酸アルキル(C12-15)、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、

 月見草油、ジメチコン、アマナズナ種子油、パルミチン酸セチル、

ステアリン酸、パルミチン酸、ルリジサ種子油、ヒマワリ種子油

水系保湿成分 

グリセリン、変性コーンスターチ、BG、

アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、

エチルヘキシルグリセリン、グルコン酸亜鉛

 

ご覧の通り、コストが高い分こだわりの成分も多い。

 

最初に日本でよく嫌われる配合成分を言っておく。

 

上記乳化剤、ジメチコン、香料、ギンバイカ油(精油)、フェノキシエタノール、PABA(紫外線吸収剤)、サリチル酸ベンジル(防腐剤) 等である。

 

ロクシタン全般に言えることだが、

 

注意すべきなのは主に意外と天然成分であるかと。

 

ロクシタンは天然・自然のイメージが強いが、

 

天然であるからこそ注意も必要である。

 

合成していないため、

 

製品にとって安定化・ヒトにとって安全化されていないんです!!

 

敏感肌にはロクシタン自体は不向きかもしれません。

 

欲しい方は一度店頭のテスターで試すのをお勧めします。

 

ただ、良い成分や低刺激成分はふんだんに使用されています!!

 

・クリームにとって乳化剤は欠かせない存在ですが、低刺激性。

 

・天然由来油剤配合。

 

・その他希少エキス、酢酸トコフェロール、パルミチン酸レチノール、アスパラギン酸(pH調整剤) 等

 

微量ながら細部に至って配合されている。

 

うたい文句の成分であるため、効果はそこまで期待はできません。

 

【使用感】

img_0305.jpeg

 

一見肌につけるとコクがある分白くなりそうですが、

 

伸ばしていくとバターのようにすぐ肌に馴染んでいきます!

 

私は男なのでメイク込みでの実使用は一概とは言えませんが、

 

メイクアップの評価も行ったところ、メイクの下地としても使用できると考えます。

 

スペシャルクリーム感覚で使うと化粧のノリの違いわかると思います。

 

 

また、エキス、ギンバイカ油や合成香料、その他香料成分によってフレッシュで甘い香りがたち、

 

テクスチャーにコクがあるため、化粧水とともに使用してもかなり保湿力が上がります。

 

コクがあるのに伸びもかなり良いです。

 

ベタベタせず、サラサラで文句ない使用感でした。

 

 

【総合評価】

 

ご覧いかがだったでしょうか。

 

値段で困っている方は、

 

美容液とクリームを使い分ける人にとってはこれ1本で十分だと考えますので、

 

スキンケアの手持ち化粧品を減らして、コストの安い化粧水をふんだんに使用した後、

 

このクリームを使用することをお勧めします!!

 

化粧水とともに2ステップで保湿すれば効率良く、かつ低コストで抑えられるかと思います!!

 

それでもうーんとお悩みの方は・・・。

 

次回にお安い薬用クリームも提案致します。

 

次回をお楽しみに!!

 

 

 

 

 

  
一見肌につけるとコクがある分白くなりそうですが、伸ばしていくとバターのようにすぐ肌に馴染んでいきます!

私は男なのでメイク込みでの実使用は一概とは言えませんが、メイクアップの評価も行ったところ、メイクの下地としても使用できると考えます。

スペシャルクリーム感覚で使うと化粧のノリの違いわかると思います。

 

関連記事

ページ上部へ戻る