ブログ

【Nullメンズリムーバークリーム】ヒリヒリすることなくムダ毛スッキリ!!めちゃ手軽な体毛処理!!

あにょあにょ!!今年は暑い!!

暑すぎてヘタっているばんちゃん。

裸になりたい。

でも裸になれない。

なぜか。

ギャランドゥーが大量発生!!w

体毛濃いの、ウザくないですか??

スッキリなくして、

海行って、

綺麗な身体でイイ思い出つくっちゃいましょうYO♪

 

【商品名:Nullメンズリムーバークリーム】

(内容量200mL/¥2980)

手軽さ:♛︎♛︎♛︎♛︎

低刺激性:♛︎♛︎♛︎

香りの良さ:♛︎

機能性:♛︎♛︎♛︎♛︎

 

IMG_1487

 

 

【主な配合成分】

IMG_1490

 

配合目的 主な成分名
有効成分 チオグリコール酸カルシウム
乳化成分

セトステアリルアルコール、ラウリルアルコール、

ポリオキシエチレンセチルエーテル、

ポリオキシエチレンオレイルエーテル、

ポリオキシエチレンステアリルエーテル

洗浄成分

ミリストイルメチルタウリンナトリウム、

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン、

ヤシ油アルキルジメチルアミンオキシド液

軟化成分 パパイン、尿素

 

この製品のベースは、水と油(流動パラフィン)と乳化剤を混ぜ合わせてクリーム状になっている。

有効成分は、パーマ剤にも使用されるチオグリコール酸塩系。

除毛の仕組みは、

有効成分が、毛を形成しているケラチンというタンパク質を分解させて毛が簡単に切れるようにしているのです。

パーマ剤や縮毛矯正でゆう1液・2液の「1液」の役割に当たります!

なのでパーマ剤のようなニオイが発生します。

毛を溶かす成分なので、人によっては皮膚にも若干の刺激性はあるかもしれません。

ただし、パーマ剤に使用するチオグリコール酸アンモニウム等より低刺激のため、

洗い落とせれば安全に使用できます。

ちなみにパパインや尿素はムダ毛抑制イメージがありますが、

実際は古い角質層を落とすといったイメージの方が理にかなっていると思います!

ムダ毛処理させる一方で、若干の低刺激な洗浄成分があるようです!

あまり泡立たないし、汚れが落ちる期待はできなさそうですがw

その他の成分は、保湿剤・pH調整剤・金属封鎖剤・香料が少量配合。

オレンジ油・アロエエキス・ノバラエキス・ノバラ油はあくまで謳い文句。

成分的には良い成分でも悪い成分でもないといったところでしょうか。

では、使用感を見ていきまっしょい!!

 

【使用感】

使用感を見ていきたいのだけれども。

この場で我がうっそうと生い茂ったギャランドゥーを見せるのも見苦しいと思うので。

このサイトを立ち上げてからずっと気になっていた部位を除毛したいと思う。

てなわけで、今日までちょろちょろと生やした私の左手。

トゥルトゥルにしたろやないか!!

IMG_1484

どっひゃー。一目でメンズの手だとバレる有り様♪w

では、除毛できたところを明確にわかるように、気になるとこだけクリームを塗っていきます!!

IMG_1485

塗る時のポイントは、除毛したい毛たちを覆うように塗りたくること。

塗った後は、5分〜10分くらい放置しましょう。

ただ、使っている間は人によっては除毛クリームがクサイと感じるかも。。。

そして、最後に水で軽く洗い流すと。。。

IMG_1495

毛の根っこまではトゥルトゥルにならなかったものの、毛を剃った後のような自然な仕上がり。

そのあと、毛の残った部分を引っ張ると簡単に抜けました!!

毛を物理的に抜くより全く楽に処理できるのではないでしょうか。

IMG_1493

チオグリコール酸カルシウム恐るべし。

ただ、本製品自身に洗浄剤も含むので、洗い残しは皮膚トラブルの原因になります!!

ちなみに、水洗いのみにすると若干製品特有の気になるニオイが残っていたので、

ボディソープやハンドソープ等で仕上げに軽く洗うことをお勧めします。

なお、チオグリコール酸カルシウムは水に溶けるので、きちんと洗い流せば基本的に刺激はないはず。

 

【総合評価】

配合成分には少し不満は残るものの、機能性としては全体的に良かったです。

刺激もなく、尿素やパパイン配合で肌が明るくなった感じでつるつる感がありました!!

刺激がどうしても気になる方はパッチ試験を行ってみてはどうでしょう。

腕の内側に本製品を微量塗って絆創膏等で1日接触させるのです。

塗ったところが赤くならなければ大丈夫♪

 

 

この夏、このクリームできれいに除毛してイイ女をゲットしにいきまっしょい!!w

おにゃおにゃー♪

 

関連記事

ページ上部へ戻る