ブログ

オーガニック化粧品とは?

こんにちは!ジョニーです(*‘∀‘)

前々から良く出てくるワードでしたが、

最近は頻度がやたら多い気がします。

最近は仕事上でも、、、

コスメ売り場でも、、、

ネット上でも、、、

良く登場します。

「オーガニック」

そもそも「オーガニック化粧品」とは何か?

実は、日本での「オーガニック化粧品」に関するの法的な基準はないんです(‘ω’)ノ

有機栽培された原料(植物抽出液、天然油、精油)が微量でも配合されていれば「オーガニック化粧品」と呼べます。

そんなオーガニック化粧品ですが、なぜ人気があるのか?

肌や環境の負担になるものが入っていない

石油由来の合成界面活性剤や合成ポリマー、ケミカルな防腐剤など肌の健康を損ない、環境にも負担がかかる成分を配合していません。

イメージとしては、

『肌の負担がかからない=肌のターンオーバーが整い、健康的な肌細胞がしっかり育まれ、若々しい肌が続く』

 

オーガニック化粧品の選び方は簡単です(^_-)-☆

日本には、オーガニック化粧品についての定義がありません。

しかしながら、海外にはいくつかのオーガニック認証機関・団体があります。

そして各機関で決められた基準をクリアしたものを「オーガニック化粧品」として認定しています。

【海外のオーガニック認証機関】

★ECOCERT(エコサート)

一番メジャーなロゴマークではないかと。

世界85ヵ国、30,000件以上の企業、200,000製品以上の認証実績のある国際有機認証機関です。

オーガニック化粧品の制度が確立されていない日本国内でも、製品に自信を持つ多くの企業やブランドがエコサート認証を求めています。

こちらのロゴマークを容器に記載できれば証明になります。

その他のエコサート認証機関がいくつかあります。

そのロゴマークが記載されていればエコサート認証化粧品となります。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る