ブログ

シャンプーについて考えてみた☺➀「スカルプシャンプー」

こんにちはジョニーです(/・ω・)/

12月に入り、だんだん寒くなってきましたね。

布団の中からなかなか出れません、、、。

「映画 ハリー・ポッター」のスピンオフ「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」がおもしろかった影響が大きく、タブレットで過去の作品をずっと見てます(/・ω・)/

ホグワーツで本気で不老の薬とか、自分の美を最高状態でキープできる魔法を研究したい。

漫画 スラムダンクの名言

「オヤジの栄光時代はいつだよ…
全日本の時か?
俺は…俺は今なんだよ!」(by 桜木花道)

とありますが、ジョニーは27歳の時が色々とピークでした(笑)

あぁ、若返りの魔法があれば!(-_-メ)

いつものことですが話が脱線しましたね。

今回の記事はハリー・ポッターではなく、若返りのアンチエイジングでもなく、スカルプシャンプーです(笑)

本ブログ アブカダコスメ でも少し勉強をしましょう。

この仕事をしているとよく聞かれます。

特にメンズに(笑)

%e3%81%8f%e3%81%88%e3%81%99%e3%81%a3%e3%81%97%e3%82%87%e3%82%93

「スカルプシャンプーを使えば毛が生えてくるの??(´・ω・`)」

結論から言えば、育毛効果はありません!

%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%81%a7%e3%82%8b%e3%82%88

広告、CM、イメージの影響からか「スカルプシャンプー=育毛シャンプー」だと思われてる方が多いです。

スカルプシャンプーには育毛効果はありません。

そもそもシャンプーとは洗い流す化粧品です。

美容成分、有効成分を配合しても頭皮にその成分が残ることはありません。

医薬部外品であっても育毛効果は認められていません。

シャンプーに配合される有名な医薬部外品の有効成分

★「グリチルリチン酸ジカリウム」(抗炎症):マメ科植物のカンゾウ(甘草)から抽出される成分。強い消炎作用があり、抗炎症・抗アレルギー、ニキビ予防等の効果を持つ。

★「サリチル酸」(殺菌):ニキビケア用コスメにもよく配合される成分。殺菌作用の他に、ピーリング作用も期待できます。

★「ジンクピリチオン」(殺菌):最近はあまり見ない成分。環境ホルモンの疑いがあるためか、、、。

これらの成分はフケを抑える作用があっても毛髪を生やす効果はありません。

(肌の弱い人がサリチル酸、ジンクピリチオンの配合されているシャンプーを使うい過ぎると、皮脂のとり過ぎや殺菌のし過ぎになる可能性も考えられます。)

では薄毛でお悩みの方はどうすればよいのか、

生活習慣の見直し、食生活、そしてストレスフリーな生活を歩むこと。

そしてシャンプーに関しては、

地肌に負担の少ない低刺激のシャンプーを使用することを推奨します。

シャンプーを開発中によく言われるのは、

「もっと泡立てたい、洗浄力が欲しい」

こういったリクエストを言われます。

pHをアルカリ側に寄せる、界面活性剤を増やす、ラウレス硫酸Naを配合、、、、、

様々の手段でそのリクエストはクリアできます。

しかしジョニーが思うのは、「洗浄力はある程度でよい」

弱酸性(pH5~6ぐらい)、優しい界面活性剤(植物由来、アミノ酸、低刺激性のもの)、頭皮に刺激になりにくい原材料で作ることを推奨します。

%e6%a4%8d%e7%89%a9

洗髪に最適な洗浄力のシャンプーを使用することをオススメします(‘ω’)ノ

関連記事

ページ上部へ戻る